News

「ロアール・アムンセン」、南極で初の命名式開催

2019.11.12

フッティルーテンは今年7月に就航させたばかりの新造船「ロアール・アムンセン」(2万889トン)の命名式を南極のブラバント島チリグアノ湾で開催した。南極で客船の命名式を開催するのは世界で初めて。伝統的な命名式ではシャンパンボトルを船体に打ち付けて割るが、この式典では氷の塊を船首で割った。

 

同船はアイスクラスPC-6の砕氷船で、世界初の電気推進を取り入れたハイブリッド燃料型客船。大型バッテリーパックを使用し、同じサイズの他船と比較して 二酸化炭素排出量を 20%以上削減できる。2020年春まで南極に、2020年夏はアラスカに配船となる。同型第2船「フリチョフ・ナンセン」はクレベン造船(ノルウェー)で建造中で、2020年4月に就航を予定している。

 

写真左:ロアール・アムンセン
写真中:シャンパンボトルの代わりに割られた氷塊
写真右:式典の様子

「ロアール・アムンセン」、南極で初の命名式開催
「ロアール・アムンセン」、南極で初の命名式開催
「ロアール・アムンセン」、南極で初の命名式開催
TOPへ戻る
シェアアイコン