News

ポナン、南極クルーズ再開。パンデミック後、クルーズ船社で初

2021.11.17

フランス船社ポナンは、2021年11月1日に新造船「ル・コマンダンシャルコー」(3万トン)をチリのプンタ・アレナスから出港、南極クルーズを再開した。新型コロナウイルス感染拡大後、南極クルーズを再開するのは同社が初。同船はLNG燃料に対応した世界初のハイブリッド探検船で、ポーラークラスPC2。今年8月に就航した。11月16日まで同地でのデビュークルーズを実施している。以後ポナン船隊から「ル・リリアル」「ロストラル」「ル・ボレアル」「ル・ソレアル」も南極クルーズに加わり、2022年3月まで14コース、計33回を実施する。

ポナン、南極クルーズ再開。パンデミック後、クルーズ船社で初
TOPへ戻る
シェアアイコン