News

ノルウェージャンHD、純損失14億ドル計上

2021.05.10

ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス(NCLH)の今年第1四半期(2021年1月~3月)の純損失は約14億ドル(約1524億円)に達した(米国会計基準)。新型コロナウイルスの影響により全船での運航停止が続いており、売上高は310万ドルと前年同期の12億ドルから大幅に減少した。今期のキャッシュバーンは月平均1億9000万ドル。

グループ傘下のノルウェージャン・クルーズライン、オーシャニア・クルーズ、リージェントセブンシーズ・クルーズは、運航再開時にすべての乗客と乗組員にワクチン接種を義務化する。グループ全体で乗組員にもワクチン接種を義務化しているのは同グループのみで、米国疾病予防管理センター(CDC)の基準を超える感染症対策により、早期の運航再開を目指している。

TOPへ戻る
シェアアイコン