News

JOPA、新型コロナの感染予防対策ガイドラインを策定

2020.09.18

日本外航客船協会(JOPA)は18日、クルーズの運航再開に向けた「外航クルーズ船事業者の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは、乗客や乗組員に感染者を発生させず、これまで以上に安心で快適な船の旅を提供することを究極の目的とし、船内で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合でも、下船に至るまで感染症対策を徹底することで、同行者以外の乗客や乗組員への感染拡大を封じ込め、クラスターを発生させないことを目標としている。

ガイドラインでは、乗船から下船までの乗客への対応、船内の衛生管理、船内施設の維持管理等、乗組員への対応、また有症者が発生・感染が確認された場合の対応など、各状況にあわせた詳細な対策が定められている。

各船会社はガイドラインに沿って、予防・拡大防止マニュアルを作成し、対策を講じ、その取り組み状況については、公平な第三者機関である日本海事協会(NK)の審査、認証を受けることになっている。

同ガイドラインは、国土交通省の「クルーズ船利用者の安全・安心の確保に向けた有識者ワーキンググループ」において、クルーズ産業の専門家、感染症専門家、危機管理専門家、クルーズ業界、港湾関係者など幅広い有識者の意見を踏まえ、同省海事局も監修したもの。同グループでは、今年2月に発生した「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)での新型コロナウイルスの感染拡大によりクルーズ船に対する安心が損なわれたことを踏まえ、クルーズ船事業者、港湾管理者等の関係者が講じるべき措置などについて議論が行われてきた。

ガイドラインの詳細は以下へ
http://www.jopa.or.jp/document/guidelines-prevention_of_covid19.pdf

TOPへ戻る
シェアアイコン