News

フッティルーテン、ノルウェーで運航再開

2020.06.17

ノルウェーの沿岸急行船を保有するフッティルーテンが、6月16日から運航を再開した。航行するのは同社の「フィンマルケン」(1万5690トン)、「リカルドウィット」(11万205トン)、「トロルフィヨルド」(1万6140トン)、「ミッドナットソル」(1万6151トン)の4隻。そのほかの運航船は、状況に合わせて運航を開始するとしている。同社の船は「沿岸急行船」と呼ばれ、ノルウェー沿岸に定期就航している。生活航路であるとともに、海外からの観光客の乗船も多い。

2020年夏季に関しては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、乗客定員に対し50パーセント以内の受け入れに制限する。そのほかノルウェー公衆保健所のガイドラインに従い、以下のコロナ対策を実施する。

■スタッフの高度な知識
全乗組員がWHO公式COVID-19対策講習を受講済み

■清掃・消毒
厳しい規定を設け、一日数度の清掃、消毒作業を実施

■レストラン   
各個人ごとのテーブル・シーティングを実施。セルフサービスのブッフェ形式は実施しない

■健康アンケート
乗船前、乗客、乗員全員、自己申告形式の健康アンケートを実施

■ソーシャル・ディスタンス
船内ではソーシャル・ディスタンスを保つための印をつけ、一定の距離を保つ

■手洗いの徹底
船の入口やレストラン、パブリックエリアなど、アルコール消毒液、使い捨て除菌シートを用意

■タッチ・フリーの支払い  
乗船時にクレジットカードによるクルーズアカウントを作成、現金の手渡しを制限

マスクに関しては、ノルウェー公衆保健省では特に推奨しておらず、着用は各自判断となる。

TOPへ戻る
シェアアイコン