News

ポナン、八重山諸島をめぐる沖縄エクスペディションクルーズ発表

2019.11.12

ポナンは12日、「ル・ラペルーズ」による沖縄エクスペディションクルーズを発表した。西表島や与那国島、久米島など八重山諸島や周辺の島々をめぐるもので、このエリアでのエクスペディションクルーズの実施は世界初となる。2021年6月28日~7月7日の9泊で、大阪発マニラ着の片道クルーズ。コースの詳細は下記のとおり。

12日、ポナンは沖縄県で会見を開き発表。同社ビジネスディベロップメントマネージャー伊地知亮氏や沖縄県文化観光スポーツ部の新垣健一部長、沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長らが出席した。ポナンは同クルーズの運航にあたり、これまで培ってきた環境保護への取り組みとルールを反映させた持続可能なクルーズを目指す。島民に歓迎されるような形で乗客に観光を提供するとともに、島の子供たちに船内見学の機会を設けるなど島への社会貢献を行っていくとしている。

■沖縄エクスペディションクルーズ
船名:ル・ラペルーズ
日程:2021年6月28日(月)~7月7日(水)9泊
コース:
大阪~沖永良部島~座間味島~久米島~西表島(西表石垣国立公園)~与那国島~マニラ

TOPへ戻る
シェアアイコン