News

ドリームクルーズ、7カ月ぶりに台湾で運航再開

2021.12.24
外国客船

ドリームクルーズは23日、「エクスプローラー ドリーム」(7万5338トン、写真)の運航を台湾で再開した。同船の台湾での運航は、今年5月の運航停止以来、約7カ月ぶり。基隆発着で花蓮、安平、高雄に寄港する2~3泊の国内クルーズを設定している。運航再開にあたり、感染症対策のガイドラインを強化。すべての乗客に新型コロナのワクチン接種と、出航前48時間以内にクルーズターミナルで実施するPCR検査での陰性結果の提示を求めている。

ドリームクルーズ、7カ月ぶりに台湾で運航再開
TOPへ戻る
シェアアイコン