News

JOPA、新理事長選出、クルーズ・オブ・ザ・イヤー2020は中止

2020.06.17

日本外航客船協会(JOPA)は16日、第31回通常総会を開催し、新理事長に森重俊也氏を選定した。加えてクルーズコンサルタント認定講習およびクルーズ・オブ・ザ・イヤー2020はコロナ禍の影響で中止すると発表した。

総会では2019年度事業報告及び収支決算、2020年度事業計画及び収支予算、役員選任について審議を行い、いずれも原案通り承認・決定した。2020年度事業計画においては、新型コロナウイルス感染症への対応およびクルーズ再開に向けた諸活動を行うことなどが承認された。一方で新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、次の事業の中止を決定した。

●クルーズアドバイザー資格認定制度に係る「クルーズコンサルタント認定講習」
●クルーズ・オブ・ザ・イヤー2020
●一般消費者を対象とするクルーズ客船上での「クルーズセミナー及び船内見学会」
●旅行会社の社員を対象とするJATAとの共催事業 「クルーズ販売セミナー」

なお、「第13回クルーズマスター認定講習(東京1回)」、「クルーズコンサルタント資格所有者に対する第13回ブラッシュ・アップ・クルーズセミナー(E-Testing)」は例年通り実施する。

理事、監事の選任については、2020年6月末付で小野芳清理事長が理事を辞任することとなり、後任として、7月1日付で森重俊也氏が理事に就任、併せて新理事長に選定されることで了承された。加えて6月16日付で伊藤智監事(JTB)が辞任し、藤原卓行氏が新監事に選任された。役員一覧は以下の通り。

日本外航客船協会 役員 【2020年7月1日(予定)】

会長:坂本深(郵船クルーズ(株)代表取締役社長)
副会長:入谷泰生(日本クルーズ客船(株)代表取締役社長)
副会長:山口直彦(商船三井客船(株)代表取締役社長)
理事長:森重俊也((一社)日本船主協会 理事長) 【新任 2020.7.1付】
理事:田邊英城(カメリアライン(株)代表取締役社長)
理事:入谷一成(関釜フェリー(株)代表取締役社長)
理事:水野正幸(JR九州高速船(株)代表取締役社長)
理事:篠田敏暢((株)商船三井 常務執行役員)
理事:遠藤弘之(日本郵船(株)客船事業グループ長)
理事:野瀬和宏((株)サンスターライン 代表取締役社長)
常務理事:松本隆司
監事:石川尚((一社)日本船主協会 常務理事)
監事:藤原卓行((株)JTB 執行役員 個人事業本部事業統括部長) 【新任 2020.6.16付】

※森重氏は総会決議により7月1日付で理事に就任し、同日の理事会(書面によるみなし決議)
において代表理事・理事長として選定予定。

TOPへ戻る
シェアアイコン