〈PR〉好みのままに楽しめる船、改装したノルウェージャン・サンの日本発着クルーズ

〈PR〉好みのままに楽しめる船、改装したノルウェージャン・サンの日本発着クルーズ
CRUISE STORY
クルーズストーリー
2021.10.26
【日本発着を実施してほしい! NCL話題の新造船】
円形の船尾がユニークなノルウェージャン プリマ。円形部分はスイート専用エリアとなる

常に革新的な取り組みをしてきたことで知られるNCL。それでも新造船の船内デザインが公開されたときに、衝撃を受けた人は少なくないだろう。そんな新造船が「ノルウェージャン プリマ」。同社として10年ぶりの新クラス客船で、計6隻の同型船の建造計画がある。総トン数は14万2 500トン、乗客定員は3215人を予定。

 

近年の新造船の中で最も広い屋外デッキスペースを備え、プールデッキの総面積は同社最大だ。インフィニティプールや屋外のサウナを備えるほか、屋外で食事を楽しめるスペースも拡大する。

 

世界的なデザイナーが手掛けたこの船は、エンターテインメントも唯一無二。メインステージでは『サマー‥ザ・ドナ・サマー ミュージカル』を上映。3階席まであるシアターはダンスロアに変身し、乗客が踊れるショーとなる。そのほか10階分の高さから急降下するドライスライダー「ザ・ドロップ」も搭載する。

 

現在のところ同船は就航開始から北ヨーロッパクルーズを予定しているが、6隻もの同型船が就航予定だけに、日本の港でもこの最新船が見られる日を期待したい。

〈PR〉好みのままに楽しめる船、改装したノルウェージャン・サンの日本発着クルーズ
船体側面にプールデッキがあり、奥には10階分の高さから急滑降するスライダー「ザ・ドロップ」も
CRUISE GALLERY
〈PR〉好みのままに楽しめる船、改装したノルウェージャン・サンの日本発着クルーズ
船体側面にプールデッキがあり、奥には10階分の高さから急滑降するスライダー「ザ・ドロップ」も
〈PR〉好みのままに楽しめる船、改装したノルウェージャン・サンの日本発着クルーズ
洋上最長のゴーカートでは時速50キロ以上で疾走できる
CRUISE GALLERY
〈PR〉好みのままに楽しめる船、改装したノルウェージャン・サンの日本発着クルーズ
洋上最長のゴーカートでは時速50キロ以上で疾走できる
関連記事
TOPへ戻る
シェアアイコン